2014年9月

「都筑ミュージカルと都筑区の文化施設」

楽しみにしていた年に1回の都筑ミュージカル『星の王子さん』を観に都筑公会堂に行きました。

実在した天文学者で、地域の子供たちから「星の王子さま」と呼ばれ、6個の新星を発見した桑野善之さんのエピソードを、都筑在住で元劇団四季の岡本隆生さんがオリジナル作品にしました。

その作品を、市民オーディションで選ばれた皆さんが8か月間練習を重ね、劇団四季出身のプロのスタッフ・演者の皆さんと作り上げていく、かなり完成度が高い市民ミュージカルで、まさに都筑「丘の手文化」の象徴ともいえる取組です。何と今回で20周年になります。

このミュージカルに行政はほとんど係わっていません。市民による、市民のためのミュージカルで、演者の皆さんは勿論、ダンスや振付、舞台装置、大道具・小道具などの技術も、元劇団四季の市民の皆さんと、素人も含めた市民によるものが殆どで、この活動は都筑区の文化レベルを確実に上げています。

今日、昨日と3回公演で、600席の公会堂がどれも満員という、大きな動員力と魅力を持っています。まさに市民芸術活動の目指すべきところです。

今日のミュージカルを見て改めて、どんだけ立派な文化政策も、たとえばダンス・ダンス・ダンスのような横浜市行政が思いっきり引っ張って取組む芸術アクション事業にどんだけお金をかけても、こういった市民による地道な文化活動と比較して、感動と文化醸成の波及効果が全く異なることを感じました。ダンス・ダンス・ダンスやトリエンナーレに参加し、感動して泣いた市民、いるでしょうか?今日の都筑ミュージカル会場には多くの感動や出演した市民の涙がありました。

「本物を見る」政策として億単位をかけ、プロをじゃんじゃん呼び込み実施するダンス事業や今回のトリエンナーレも、今日のような市民ミュージカルなどの市民文化活動のレベルを上げていくインパクトまでもっていかないと、市民の税金を使ってやる効果は最大化されないと思います。

そして、港周辺で大規模イベントを実施するのは仕方がないと思いますが、横浜市が18区ある中で、特に新興の横浜北部を考えれば、こういった市民ミュージカルの基地になるような文化施設、市民の文化を醸成し、発信していく文化施設は、やはり大変重要だと、改めて感じました。それも単なる貸しホールではなく、地域の文化的コモンズになりえる施設が必要です。

議員になった直後から取り組んでいる「センター北文化施設問題」。先日の本会議でもまたまた取り上げましたが、必ずどうにかさせたいと思います。とかく箱もの行政が批判される時代にあって、文化施設を熱望する区民が多くいらっしゃるこの都筑の風土を、僕は誇りに思っています。

平成25年3月予算委員会

◆(草間委員)

続きまして最後に、センター北駅前大規模市有地についてお伺いします。

昨年10月3日の決算特別委員会で中山局長は当該文化施設用地に関しては9月から関係部局の課長による情報共有会議を始めたところと御答弁されましたけれども、約半年が経過いたしました。そこで、センター北駅前大規模市有地の検討状況についてお伺いします。

◎(中山文化観光局長)

当該文化施設用地の関係区局による情報共有会議では、さまざまな資産活用の手法について研究しています。当該地は駅前の大規模な土地であり、その活用に当たっては、地域の皆様の御意見を伺うことはもちろん、昨年12月に策定した文化芸術創造都市施策の基本的な考え方も踏まえ、地域活性化や資産経営などさまざまな観点から全庁的に検討していきたいと考えております。

◆(草間委員)

また、同じく答弁で渋谷とは違う横浜らしい文化施設のあり方というものを検討していきたいとされていましたけれども、先日の予算代表質疑で佐藤団長から地下鉄3号線の延伸について話がありまして(「大事な視点だ」と呼ぶ者あり)、市長は川崎と連携して検討していくと答弁されています。

そこで、3号線延伸について佐藤団長から予算代表質疑で話がありましたけれども、川崎市の新百合ケ丘とあざみ野がつながった場合の文化政策的影響についてどう考えておられるか、お伺いします。

◎(中山文化観光局長)

あざみ野駅には市民ギャラリーあざみ野があり、川崎の新百合ケ丘駅には川崎市が設置している川崎市アートセンターや昭和音楽大学が設置しているホール等がございます。高速鉄道3号線延伸により両駅がつながった場合には文化面でもよい影響が出るものと考えております。

◆(草間委員)

3号線の延伸が現実味を帯びてきますと、グリーンラインと接続するセンター北の役割は非常に大きくなりますし、川崎からの買い物客もより増えることが予想されます。駅前が空き地であることは非常にもったいないことです。

そこで、地下鉄3号線延伸も想定しながら横浜の魅力を高めていくために大規模市有地の活用を考えていく必要があると考えますが、どのように思いますか。

◎(中山文化観光局長)

3号線の延伸は、先ほども申したように横浜にもさまざまな影響があると予想されます。先ほどもお答えしましたが、この土地の活用に当たってはさまざまな観点から全庁的に検討していきたいと考えております。

◆(草間委員)

地下鉄の延伸もそうですけれども、文化観光局というのは未来を考える責任と必要があると思います。中山局長も来て2年目になりますか、大いに頑張っていただくことを期待して質問を終わります。

くさま剛 事務所

〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-23-9

tel/045-913-8800 
fax/045-913-7700

E-mail kusamatsuyoshi1982gmail.com

Copyright © くさま剛 公式サイト.All Right Reserved.

ページのトップに移動します