現在地
トップ > 教えてルーキー! > 2015年の教えてルーキー! > 「地域行事の消火器の取り扱いについて」

教えてルーキー!

2015年6月

【Q】町内の盆踊りで露店を出す予定ですが、必ず消火器が必要なの?

【くさま】

【A】多数の死傷者が出てしまった京都府福知山市の花火大会火災(平成25年8月)を契機に、多くの皆さんが集まる催しにおける火災予防対策の充実強化を図るため、消防法施行令の一部改正を受け、横浜市でも横浜市火災予防条例の一部を改正しました。

内容としては、不特定多数の方が大勢集まる催し、またいわゆる「的屋」などの露天業者の出店がある催しは、原則露店ごとに1本の消火器の準備と消防署への届け出が必要になりました。

ただし、「不特定多数が大勢集まる催し」に、運用上は地域の盆踊りやお祭りは該当しませんので、町内の盆踊りで、ボランティアの皆さんなどいわゆるプロの露天商でない方が露店を出す場合は、条例上消火器の設置義務はありません。

地域によっては、より徹底した安全のために全ての露店に消火器を用意するところもあるかと思いますが、要は安全と使いやすさのバランスだと思います。不明な点は消防署予防係か私にお尋ねください。

くさま剛 事務所

〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-23-9

tel/045-913-8800 
fax/045-913-7700

E-mail kusamatsuyoshi1982gmail.com

Copyright © くさま剛 公式サイト.All Right Reserved.

ページのトップに移動します