現在地
トップ > 教えてルーキー! > 2014年の教えてルーキー! > 「地産地消は都筑区の大きな財産。」

教えてルーキー!

2014年8月

【Q】地産地消ってよく聞くけど、何ですか?(中1)

【くさま】

地産地消を簡単に言えば、「その土地でとれたものを、その土地で消費すること」という意味ですが、もっと奥深く考えれば、地元のものを食べることで、生産者と僕ら消費者との「顔の見える関係」をつくり、安全安心の生産体制の中で、僕らが都筑の恵みと大地の豊かさを実感できることこそ、かけがえのないことだと考えています。そして、何より美味しいです。

都内は勿論、横浜市18区の中で、地産地消を実践できる区はそう多くありません。都筑区には朝市や直売所が区内各所にあるほか、地産地消を推進する団体が多くあり、首都圏でもトップクラスの地産地消の街です。例えば地下鉄の構内で地元の野菜を買える風景も、僕らにとっては当たり前かもしれませんが、実は都筑区しかやっていません。

10年前の21歳の時、岩手県旧江刺市で全国初となる地産地消条例を議員立法するお手伝いをしてから、今は横浜市会議員として横浜・都筑で地産地消を進めています。この豊かさは都筑区の大きな財産です。

くさま剛 事務所

〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-23-9

tel/045-913-8800 
fax/045-913-7700

E-mail kusamatsuyoshi1982gmail.com

Copyright © くさま剛 公式サイト.All Right Reserved.

ページのトップに移動します