現在地
トップ > 教えてルーキー! > 2012年の教えてルーキー! > 「災害時、都筑のリスクはトイレ! トイレパックの備蓄をお願いします。」

教えてルーキー!

2012年10月

【Q】災害時、防災拠点に行けばトイレパックをもらえるのですよね?(50代女性)

【くさま】

1個もらえるか、またはもらえないかと考えてください。

僕も委員会で何度も提案しましたが、東日本大震災後、災害時のトイレの重要性が更に注目されるようになり、市としては約5千万円の補正予算をかけて、トイレパックの備蓄を増やしました。今まで各防災拠点に3千セットずつだったものが、5千セットまで増やし、また民間事業者とも協定を締結して確保に努めています。

ただ、都筑区の場合、単純に全人口から災害拠点数を割ると、1拠点あたりの区民が約8千人近いですし、想定されるのは、電気が止まり、水が止まり、下水管が破損してトイレが使えなくなると、自宅が半壊・全壊しなくても、拠点に人が押し寄せる可能性が高く(実際仙台市はそうでした)、区内の帰宅困難者も含めれば、備蓄には限界があります。

水や食料と違い、トイレは1日我慢できるものではありません。特に僕のようにマンションにお住まいの方や、女性の方などは、備蓄したほうが絶対に安心です。僕もネットで購入しました。区外に通勤・通学されている方も、必ず確認してみてください。

くさま剛 事務所

〒224-0003 横浜市都筑区中川中央1-23-9

tel/045-913-8800 
fax/045-913-7700

E-mail kusamatsuyoshi1982gmail.com

Copyright © くさま剛 公式サイト.All Right Reserved.

ページのトップに移動します